退職後も受けられる給付

イラスト

会社を退職し、被保険者の資格を失ったあとでも、条件を満たせば引き続き次のような給付を受けられます。

ただし、埋葬料を除き、これらの給付を受けるための条件として、被保険者であった期間が継続して1年以上必要です。また、健康保険組合独自に行っている付加給付は受けられません。

傷病手当金

退職時に傷病手当金の継続給付の要件をすべて満たしている場合は、その支給をはじめた日から1年6ヵ月間給付が受けられます。

※在職中に支給されていた付加金は、国保加入・任継加入を問わず退職後は支給されません。

継続給付の要件とは

  1. 退職まで1年以上継続して強制被保険者期間(任意継続・共済保険・国民健康保険の被保険者期間を除く)があること。
  2. 退職時に、傷病手当金の受給をしていること(または、受給できる状態であること)。
  3. 受給の開始日から起算して1年6ヵ月を経過していないこと。
申請書類はこちら

「傷病手当金支給申請書」に必要事項を記入し、医師の”働けない”という意見書を受けて、当組合に提出してください。

傷病手当金支給申請書

・当組合では、全国健康保険協会(協会けんぽ)の用紙を使用しています。
協会けんぽのホームページからダウンロードしてください。
なお、お問い合わせや申請書等の提出は当組合にお願いいたします。

(協会けんぽ「トップページ」⇒ページ上部「申請書のご案内」⇒「健康保険給付の申請書」で各種給付の申請書を選択してください。

埋葬料の給付

被保険者が退職後3ヵ月以内または、資格喪失後の傷病手当・出産手当金の受給中、もしくは受給終了後3ヵ月以内に死亡したとき、遺族のかたに埋葬料が支給されます。

退職後3ヵ月以内の死亡については、被保険者期間が1年以上なくても支給対象になります。

申請書類はこちら

「埋葬料(費)支給申請書」に必要事項を記入し、下記の書類を添付して、当組合に提出してください。

埋葬料(費)支給申請書

・当組合では、全国健康保険協会(協会けんぽ)の用紙を使用しています。
協会けんぽのホームページからダウンロードしてください。
なお、お問い合わせや申請書等の提出は当組合にお願いいたします。

【添付書類】

死亡診断書、埋葬許可書、火葬許可書、死体検案書、検視調書の写しのいずれか

申請書に事業主の証明があれば添付の必要はありません。

請求者が被扶養者以外の場合は次の書類も添付

本人との続柄がわかるもの(住民票、戸籍謄本または抄本など)

埋葬に要した費用の領収書

(協会けんぽ「トップページ」⇒ページ上部「申請書のご案内」⇒「健康保険給付の申請書」で各種給付の申請書を選択してください。

出産手当金

退職時に出産手当金の継続給付の要件をすべて満たしている場合は、給付が受けられます。

※在職中に支給されていた付加金は、国保加入・任継加入を問わず退職後は支給されません。

継続給付の要件とは

  1. 退職まで1年以上継続して強制被保険者期間(任意継続・共済保険・国民健康保険の被保険者期間を除く)があること。
  2. 退職時に、出産手当金の受給をしていること(または、受給できる状態であること)。

※出産日または出産予定日以前42日の日が、資格喪失日の前日以前であること。

申請書類はこちら

「出産手当金支給申請書」に必要事項を記入し、医師または助産師の出生証明を受けて、当組合に提出してください。

出産手当金支給申請書

・当組合では、全国健康保険協会(協会けんぽ)の用紙を使用しています。
協会けんぽのホームページからダウンロードしてください。
なお、お問い合わせや申請書等の提出は当組合にお願いいたします。

(協会けんぽ「トップページ」⇒ページ上部「申請書のご案内」⇒「健康保険給付の申請書」で各種給付の申請書を選択してください。

出産育児一時金の給付

次の基準をすべて満たしている場合は、出産育児一時金を受けられます。

被保険者の退職後に被扶養者が出産した場合、家族出産育児一時金は支給されません。

  1. 退職まで1年以上継続して被保険者期間があること。
  2. 退職後6ヵ月以内の出産であること。

直接支払制度を利用する場合は、資格喪失証明書等の証明書類が必要となります。

直接支払制度や受取代理制度を利用しない場合

退院時に医療機関等の窓口において、ご自身で負担すべき出産費用を全額お支払いただくことになります。下記の書類を提出してください。

(1)出産育児一時金支給申請書
医師・助産師の出産証明、または市区町村長の出生証明を受けてください。

(2)医療機関等から交付された代理契約に関する文書の写し
直接支払制度に係る代理契約を医療機関等と締結していない旨の記載、および申請先となる「保険者」が記載されています。

(3)医療機関等から交付された出産費用の内訳が記載された領収・明細書の写し
直接支払制度を用いていない旨の記載や産科医療補償制度対象のスタンプの押印等がなされています(産科医療補償制度対象出産でない場合や未加入の医療機関での出産の場合はスタンプはありません)。

申請書類はこちら

「出産育児一時金支給申請書」に必要事項を記入し、下記の書類を添付して、当組合に提出してください。

出産育児一時金支給申請書

・当組合では、全国健康保険協会(協会けんぽ)の用紙を使用しています。
協会けんぽのホームページからダウンロードしてください。
なお、お問い合わせや申請書等の提出は当組合にお願いいたします。

【添付書類】

医療機関等から交付された直接支払制度に係る代理契約に関する文書の写し

医療機関等から交付された出産費用の内訳が記載された領収・明細書の写し

(協会けんぽ「トップページ」⇒ページ上部「申請書のご案内」⇒「健康保険給付の申請書」で各種給付の申請書を選択してください。


このページのトップへ