後期高齢者医療制度

対象者は75歳以上のすべての人(一定の障害がある場合は65歳以上)

75歳以上の人はこれまで加入していた国保や健保からはずれて、後期高齢者医療制度に加入します。

制度の詳細については、各都道府県の広域連合または市(区)町村の窓口にお問い合わせください。

75歳以上の被保険者に扶養されていた被扶養者について

被保険者が後期高齢者医療制度に加入した場合、扶養認定されていた75歳未満の者も資格を終了します。この者は、自ら国民健康保険に加入し保険料を納付する事になります。

保険者は市(区)町村が加入する「広域連合」

各種申請や届出などの窓口業務は市(区)町村が担当します。

保険料は所得に応じて決められます

原則として、年金からの天引きになります。

後期高齢者医療制度では、1人ひとりが被保険者になります。健康保険組合の被扶養者になっていた人も75歳になると後期高齢者医療制度の被保険者となり、保険料を納めることになります(ただし負担軽減措置があります)。


このページのトップへ