健保からのお知らせ

2020/05/13

新型コロナウイルス感染症等の影響に伴う健康保険料(介護保険料も含む)の納付猶予について

 新型コロナウイルス感染症及びそのまん延防止のための措置の影響により、令和2年2月1日以降に適用事業所の事業につき相当な収入の減少があったこと、その他これに類する事実がある場合において、適用事業所が健康保険料及び介護保険料(以下「健康保険料」という。)を納付することが一時的に困難であると認められるときは、その健康保険料の納付期限内にされた申請に基づき、その納付期限の翌日から1年以内の期間に限り、その健康保険料の全部又は一部の納付を猶予することができます。

 なお、納付猶予の申請につきましては、個別に事業状況を確認させていただきますので、申請の前に必ず担当課までご連絡ください。

 

《収入の減少とは…》

 令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業収入が前年同期間に比べ、おおむね20%以上減少していると認められる場合は、「収入の減少」があるものとして、猶予の対象となります。

 なお、新型コロナウイルス感染症等の影響とは関係なく減少した収入(臨時収入の減少等)については、この「収入の減少」には含まれません。

 

 

1.猶予期間の始期

   猶予を受けることができる健康保険料(賞与保険料も含む)は、令和2年2月1日から

  令和3年1月31日までの間に納付期限が到来する健康保険料(令和2年1月分保険料か

  ら令和2年12月分保険料まで)となります。

 

2.猶予期間

   各月の健康保険料ごとに納付期限の翌日から1年を限度とします。

 

3.延滞金

   猶予期間内に納付された健康保険料についての延滞金は、免除となります。

 

4.提出書類

 (1)健康保険料納付の猶予(特例)申請書

 (2)健康保険料(猶予分)の納入計画書「別紙1」

  ■(1)・(2)の記入例

                                     担当:管理課 

                                     TEL 043-241-8514


このページのトップへ