各種補助金・請求書作成ツール

補助金申請に必要な届出と添付書類(添付するもの)

1.短期人間ドック補助(年度1回)

40歳以上の被保険者及び被扶養者である配偶者、1人あたり40,000円(消費税含む)を限度に支給

領収書(実施者本人の名前が記載されたもの・原本

検査結果報告書の写し

2.インフルエンザ予防接種補助(被保険者本人:年度1回)

インフルエンザ予防接種を実施した被保険者1人あたり2,000円を限度に支給

事業所で職員の方に予防接種を実施した場合は、ワクチン購入単価の分かる納品書・仕切書などの写し

個人で予防接種を受けた場合は、領収書(写しでも可)

3.結核予防補助(被保険者本人:年度1回)

  1. ツベルクリン反応検査 1回500円 2回1,000円
  2. BCG接種 1,500円

4.麻疹風疹予防補助(被保険者本人:年度1回)

抗体検査実施者に対し790円支給(麻疹のみ支給対象とし、風疹については支給対象外とする)。ただし、補助金等が他の機関から支給される場合は、790円からその額を差し引いた残額を支給。

ワクチン購入単価の一部を補助(上限1,200円)

麻疹・風疹ワクチンの1種ワクチンを、それぞれ同年度で接種した場合については、どちらか一方に対して、年度1回に限り補助する。
(麻疹と風疹ワクチンの混合ワクチンを接種した場合については、上限の1,200円の補助とする。)
なお、市区町村等から一部費用を補助された場合において、自己負担額(助成された額を差し引いた額)が1,200円未満のときはその額を補助金の額とする。

麻疹ワクチンについては、抗体検査を行った結果、陰性でありワクチン投与が必要な者に補助。(風疹ワクチンについては、抗体検査をすることを必須としていないため、陰性でなくても補助)。

ワクチンの接種費用等がわかるもの(領収書・納品書・仕切り書など)の写し

・事業所においてワクチンを購入し、事業所でワクチンを接種した場合は、ワクチンの購入単価のわかるものの写しを添付してください。

・市区町村等から一部費用を助成される者については、請求書等の余白を利用し、個々の助成額がわかるように記載してください。なお、助成を受けない場合等は、その旨を請求書等に記載してください。

検査結果報告書(写し)・・・麻疹の請求時は必要

・検査とワクチンを別に請求する際は、ワクチン請求時に必ず検査結果の写しを再度添付してください。

5.各種補助金請求書作成エクセルツール

 各種補助金請求書作成エクセルツール(以下、エクセルツール)は、当組合へ請求する補助金の請求書と請求データを作成できるツールです。なお、エクセルツールで作成できる補助金は以下となります。

・短期人間ドック補助金

・インフルエンザ予防補助金

・結核予防補助金

・麻疹・風疹予防補助金

・新型インフルエンザ予防接種補助金

・特定健診データ提供料及び検査料(特定健診データを含む)

エクセルツール使用イメージ

エクセルツール使用の流れ

 エクセルツールの新規使用や被保険者情報の更新をご希望の場合は当組合まで「各種補助金請求書作成エクセルツール・被保険者情報申込書」の提出をお願いいたします。

 

6.禁煙治療外来(外来)補助金(被保険者本人:被保険者期間に対し1回限り)

 ※平成29年4月1日以降に治療を開始された被保険者が対象

被保険者期間に対して1回に限り上限10,000円まで補助。

治療に要した費用が補助金額を下回る場合はその額とする。

 

被保険者期間とは・・・・・

 事業所に勤務し、資格取得から資格喪失までの期間(定年後の再雇用や、任意継続被保険者は継続とみなします。)

※治療の終了前に資格を喪失された場合や、治療を途中でやめた場合は、補助金の対象外とする。

 ①領収書原本(宛名が受診者本人名のもの)

 ②診療明細書(原本)

 ※①・②は、全ての受診分がそれぞれ必要です。

 

 

申請書類はこちら
書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。

プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。

書類は健保に直接か総務・人事部・人事担当者に提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

 


このページのトップへ